ブログ

照明と色の関係

本日は、クリスマスですね。
クリスマスきらびやかなイルミネーションの街角も、明日から新年を迎える準備となりあわただしく一年が過ぎていきます。

そのきらびやかなイルミネーションですが、今ではほぼLED電球になっていますね。
消費電力が少なく長寿命と良いことずくめですが、LED電球自体もう少しお安くなってくれると、、、。
ただ、あまり粗悪なものですと、体調を壊してしまう事例もありますので注意が必要です。
(札幌の市役所で問題になってました)
私も、目がショボショボすることがあり、ひかりの性質が関係するのかな、、、と考えたりすることがあります。

ふんわりと広がるひかりと直線的なひかりでは、それ以外にも反射時のてかりが違うようで、より強く反射する傾向があります。
また色演色性も悪かったりするので、色味などを判断するには向かないようです。
美術館や色を扱うお仕事の人たちは、(演色AAAやRa100 色温度5000K)という特殊なものを使っています(量販店では注文しないと購入できません)

色味や質感を判断するには、夜の照明下ではなく日中に判断されることをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の記事

カテゴリー

おすすめ商品

  1. ロレアル セリオキシル シャンプー
  2. 新しい抜け毛予防・発毛促進剤”セリオキシルデンサーヘアー”導入しました。
  3. ご好評のミアルチェ・ウイッグシリーズ
  4. ご好評の医療用ウイッグ
  5. やわらかな肌触りにご好評いただいています。
  6. オリオセタ モイスチャー シャンプー
  7. ミアルチェのレディース増毛法
  8. オリオセタのオーガニックシリーズ
ページ上部へ戻る